貯蓄が底をつく 崖っぷち主婦の節約生活

コストコや安い食材を駆使して生活費を徹底的に節約!貯蓄が底をつく崖っぷち主婦の節約生活を公開しています。

39歳にして初めてマンモグラフィーと超音波検査を受けて思った事

4月でもう40歳になると言うのに一度も乳がんの検査も受けた事が無かった私…。

 

昨年末辺りから左胸が痛いという感覚があり、「何だろう」

と不安に思っていました。

 

「癌って訳は無いよね…」と思いながらも不安で一杯でした。

 

夜な夜なネットで自分の症状を検索してみては

 

「うん、乳がんの初期って大半は痛みは感じられないって書いてあるしね。乳がんじゃ無いよね?」

 

と自分の症状とネットの書き込みを比べてみては安心してみたり、また不安になってみたり…。

 

もう、そんな事をかれこれ1カ月続けていたのですが思い切って病院を受診してみました。

 

結果どうだったか?

マンモグラフィーってどんな事をするのか、超音波はどんな検査なのか?

など私がわかった事を私目線で綴っていきたいと思います。

 

マンモグラフィーってどんな風に検査するの? 

乳がん検診と言えば何と言ってもマンモグラフィーという機械の事が頭に浮かびますよね。

しかしながら、マンモグラフィーってどんな風に検査をするのか、検査が痛いとは聞くけどどれ位痛いのか。

私は全く想像出来ませんでした。

この記事を読んでくれている方の中には私と同じように「よくわからない」という方もいるのではないでしょうか。

マンモグラフィーとはこのような機械でした。

f:id:maimaimaim8282:20170123225029p:plain

これは私が受診した恵佑会札幌病院にある最新型マンモグラフィーの機種で

おっぱいを横と縦の両方から3Dで撮影し、「低被曝」「高画質」を両立させた機種なのだそうです。

一般的に乳がん検査や、おっぱいに異変を感じた時は、乳腺外科や産婦人科で診察をするのだと思います。

私は乳腺外科のある病院を選びました。

http://www.keiyukaisapporo.or.jp/medical-equipment/mammography/

こちらが恵佑会札幌病院です。

病院によって取り扱う機種は様々だと思うので事前にどのような機種を導入しているか調べてみるのも大切だなーと思いました。

 

マンモグラフィーは痛い?

はっきり言って痛くないです。

私も「痛かった〜」などと経験者の友達に聞いていたのでどれだけ痛いのか構えていたのですが、「な〜んだ!」程度。

マンモグラフィーの機械についている板状の撮影台におっぱいを当てて、透明の板でギューっと挟んだ状態で撮影するのですが、ギューっとされている時間は大体10秒くらい。

すぐに終わります。

どれくらい痛いか?

比較するとして、毎年受けるインフルエンザの予防接種の痛みより痛くないです。

でも、生理前などでおっぱいが張っている状態の時は受診しない方がいいと思います。

 

エコー検査(超音波検査)はどのようなものか?

 乳がんの検査には主にマンモグラフィーとエコー検査(超音波による検査)があるようです。

エコー検査ではゼリーを皮膚に塗って超音波を出す器具を当てて様々な角度から乳がんを探す検査になります。

痛みはなく、被曝するリスクがないので妊娠中の女性でも検査を受けられるそうです。

私はエコーも受けたのですが本当に痛くない。

一緒に画面を見ながら、胸全体を調べてくれました。

女性の方がエコーしてくれたのでその辺の配慮も嬉しかったです。

 

マンモグラフィー・エコー検査のメリット、デメリット

マンモグラフィーだけではダメなのか?また、超音波だけではダメなのか?という疑問がありますよね。

では、マンモグラフィーと超音波の特徴について調べてみたのでご覧ください。

マンモグラフィーのメリットとデメリット

<メリット>

触診ではわからないシコリを発見することができる

石灰化(癌の兆候の初期の段階)で発見することができる

<デメリット>

若年層の場合、乳腺と石灰化の区別がつきにくい

被曝するリスクがある

妊娠中は受けることができない

 

エコー検査(超音波)のメリットとデメリット

<メリット>

若年層に多い乳腺の多いタイプの方でも検査することができる

痛みがない

 

<デメリット>

シコリがないタイプの乳がんを発見しにくい

乳房の奥の方の癌を発見しにくい

 

乳がん検診を受けようとしたら、マンモグラフィーを採用している病院が多いと思いますが被曝したくないな〜とか、少しでも痛いのは嫌だな〜と思った方は超音波による検査を希望してみてはいかがでしょうか?

 

受診の方が乳がん検診よりも安い!?

私が住む札幌市では乳がん検診は40歳になると健診無料クーポンが配布されるので無料で検査が受けられます。

しかし、それ以外の年では検診の料金として6,000円程度の料金がかかります。

私も「40歳になったら検査しに行こう〜」くらいの気持ちでいたのですが、今回は胸が痛かったので受診費用が結構かかるんだろうな〜と不安に思いながら普通に外来から受診しました。

ところが!

マンモグラフィー、エコー、先生の触診、先生のエコーの4つも調べてくれてなんと!

3,600円で受診できたんです。

会計時にかなり覚悟していたので安くてびっくりしました。

きっと受診したということで保険が適用になったのだと思います。

 

そして、結果は?

私は今回は癌の心配もなく、検査の結果胸に異常は見受けられませんでした。

では、なぜ痛かったのか?

「生理的に痛い」

という事だそうです。

 

うーん。

ホルモンバランスとか、そんなのが影響しているのかもしれません。

 

さて、私のように胸に何かしらの不安を抱えている方は検診に行くよりも、病院を受診した方が安く、しかも確実に検査してもらえると思いますよ。

 

皆さんも「何か変だな〜」と思いながらも放っておいているという方もいるかと思います。

でも、何か変だな〜と思ったらすぐに病院に行ってくださいね。

マンモグラフィーも何でみんなが「痛い」っていうのかな?と思うくらい全然痛くなかったし、エコーも触診も全く恥ずかしいという感覚は持たなくていいと思います。

何年も病院から遠ざかっているという方も是非このブログを読んだのをきっかけに受診してくださいね!