貯蓄が底をつく 崖っぷち主婦の節約生活

コストコや安い食材を駆使して生活費を徹底的に節約!貯蓄が底をつく崖っぷち主婦の節約生活を公開しています。

コストコでチョコレートと言えばリンツ リンドールがおすすめです

ホットコーヒーとチョコレートが恋しい季節になりました。コストコ民が口を揃えておすすめするチョコレートと言えばリンツですね。

私、実は初めて買ったんです!本当に美味しくてびっくりしたものですからここでおすすめさせてもらいます〜

 

コストコのおすすめチョコレート「リンツ リンドール」

f:id:maimaimaim8282:20161115192222j:image 

リンツ リンドール アソート

容量:600g(50個入り)

価格:1,468円(購入日2016.11.12)

 

このチョコレートはコストコに行くと皆さんがカートに入れているんですよ。

だいたい皆さん2個はカートに入れてるし、業者さんかな?と思うほどカートに山ほどリンツのチョコレートのパックを入れて買っている人も見かけるほど。

皆さんが大好きなのは知っていたし、私が加入しているコストコのコミュニティでもたくさんの人がおすすめコメントを寄せていたのも知っていたのですが実は自分で買ったのは初めてだったんです。

外国のチョコレートって甘ったるい印象が強かったのと、1つの大きさが直径3cm程と大きいので子供が食べるには大きすぎるしな〜と思って躊躇していたんです。

でも、この寒くなってきた北海道で先ほども書いた通りコーヒーと一緒にチョコレートを食べるのが恋しい季節になってきたものですから・・・。

これは思い切って買ってみよう!と購入を決意しました。

 

そして食べてみると・・・

 

あまりの美味しさと、食べ応えに完全にノックアウト!

大ファンになってしまいました。

 

 

 

味は5種類のアソートパック

f:id:maimaimaim8282:20161116084009j:plain

ミルクチョコレート

エクストラダークチョコレート

ダークチョコレート

ホワイトチョコレート

キャラメルチョコレート

以上の5種類の味が入っています。

でも、それぞれのパックの中で5種類が均等に入っていないんです!

50個入りなのでそれぞれ10個入りになってくれているといいのに・・・と思うのですが均等には入っていないのでダークチョコレートが好きなのに少なかった・・・とか

キャラメルは嫌いなのにいっぱい入ってた!

ということがあるのです。

その辺が日本人の感覚との違いですよね〜。

 

高級感のある上品な甘さ

 f:id:maimaimaim8282:20161115192322j:image

 

中身は2層に分かれています。

外側が硬めのツヤっとしたチョコレートで

内側がややとろみの残る柔らかいチョコレートです。

そして、外国のチョコレートにありがちなざらっと舌に残る変な甘さがありません。

上品な甘さがあり、それはきっと日本人にも馴染みのある味なんだと思います。

原材料

砂糖、植物油、ココアバターカカオマス、牛乳、脱脂乳、キャラメルペースト(砂糖、ココアバター、クリーム、食塩)、乳脂肪、大麦麦芽粉、バニラシード、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料

 

植物油と書いてありますね・・・。

リンツのホームページで調べてみたのですが、リンツで使う植物油は100%ピュアなカカオバターなのだそうです。

また、フィリング(中身)には一部、パーム油を使用しているそうです。

 

 

リンツとは?

リンツというメーカーはヨーロッパでは高級チョコレートに属する有名なブランドなようです。

19世紀からあるスイスの老舗チョコレートメーカーで舌でとろける最初のチョコレートを開発したのがリンツだと言われているのだとか。

世界一のチョコレート消費量と言われるスイスでも最高品質を誇るチョコレートメーカーとして世界のチョコレートファンから愛されるショコラフォンダンなのだそうです。

 

リンツ リンドールは金のチョコレートを意味する

f:id:maimaimaim8282:20161115192346j:image

リンドールというチョコレートはブランド名であるリンツとフランス語で「金」を意味する「ドール」を掛け合わせた言葉で、リンツが究極の滑らかな口どけを目指して作ったチョコレートだそうで、もともとはクリスマスシーズンのみの販売だった商品を人々のリクエストによって通年販売するようになったそうです。

 

コストコリンツ リンドールは安い!

リンツのリンドールを買おうとするとメーカーの通販ページでは

350g入り 

3,240円!!!

 

え!?

 

コストコだと

600g入り 

1,468円ですよ!!

 

なんでこんなに安いんでしょうか?

コストコマジックとしか言いようがない。

コストコのこーゆーところって本当にすごいですよね。偽物なんじゃ・・・とか思っちゃいますが多分違う。

ただ、原産国がスイスではなく、「アメリカ」となっています。

アメリカの工場で作ったものなんですね。

どうやら調べてみたところ、アメリカ製だからといって偽物ということはないようです。

ですが、スイス製のリンツ リンドールのチョコレートは確かに味が違うらしいです。

これ、確かめてみたいな〜とは思いますがアメリカ製のリンツ リンドールも十分美味しかったですよ。

 

 

クリスマスシーズンにもぴったり 

包み紙がキラキラとしていてカラフルでとても可愛いので贈り物や、クリスマスパーティーのおもてなしのチョコレートとして用意してもぴったりです。

コストコでは人気の商品で品切れしてしまう時もあるようなので見つけた時には買ってみてくださいね〜。

 

コストコのおすすめチョコレートまとめの記事も書いています。

参考にしてみてくださいね〜

 

setuyaku.hateblo.jp

 

 

コストコでカード払いにすれば更に節約できる!?

 賢く使えば生活費の節約になるコストコですが、これから会員になるという方も、既に会員という方もコストコで現金払いしていませんか?

そんなあなた!ちょっと待った!!!

それってかなり損してますよ!!!

現金払いしている方はぜひとも読んでいただきたい。
アメックスなどのクレジットカードで支払いすることでかなりお得な結果になります。

詳細はこちらの記事で↓