読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貯蓄が底をつく 崖っぷち主婦の節約生活

コストコや安い食材を駆使して生活費を徹底的に節約!貯蓄が底をつく崖っぷち主婦の節約生活を公開しています。

節約にもつながる肌断食の向こう側 着地点はどこなのか?

先日のママ会にて。

ママ友さんが肌断食をしているという事で、肌断食についての話題が盛り上がりました。
そのママ友さんは肌断食を始めて4ヶ月くらいとの事でやっと肌が安定してきた時期との事でした。


あ、肌断食についてご存じない方のために肌断食とはなにか?を軽くご紹介します。

肌断食とは?

化粧品を使わないで肌本来が持つ自然治癒力や再生機能を活性化させるというもの。
簡単なやり方は以下の通り

・朝は水洗顔
・何もつけずに、必要な場合は粉おしろいのみで化粧
・石けんで洗顔(もしくはぬるま湯のみで洗顔)

日焼け止め、保湿剤は使用せずによっぽど乾燥で困った場合は白色ワセリンのみ米粒半量を使う


これらを続ける事によって得られる効果とは
1.何もつけなくても潤うようになる
2.ニキビや乾燥などのトラブルが減る
3.シミがうすくなる
4.しわが消える
など・・・

しかし、効果を得るまでには酷い乾燥によるカサつき、粉ふき、または、ニキビなどのトラブルがありそれを乗り越えなければならないと言うもの。


トラブルの先にある美肌の獲得。これは本当なのでしょうか?


肌断食って本当に乾燥、トラブル、シミ、しわの悩みを無にすることができるのでしょうか?
人間は加齢によりどんどん皮膚の水分量が減り、筋肉の衰えによりたるみや降下が現れてくるものかと。
それを補うのはやはり、化粧品と運動と食事ではないかと思うんですよね。

ネットを検索してみると65歳で肌断食をして成功!
40歳ですが気にしていたシミが取れて驚き!

などの口コミも多くあるようですが…挫けて1年頑張ったけど止める!と言う報告も多く見られるようです。

肌断食中の紫外線はどう防ぐのか?

この疑問についてですが宇津木式肌断食によると紫外線は以下のようにして防ぐそうです。

  • 日傘や帽子、長袖を着るなどして紫外線を防ぐ
  • マスク、サングラスなどを着用する


は…はぁ。
これを実践した場合のスタイルってこんな感じですよ↓

f:id:maimaimaim8282:20150201224736j:plain

これで外に出かけて何か楽しい事ってあるんだろうか…

もしくは、このスタイルをしなかった場合は肌に直接紫外線が当たる訳です。

紫外線が肌に当たると、人間はメラニンを生成するのでシミができます。それは時間をかけて肌表面に浮き出てきて次第に濃くなります。
それをターンオーバーによって(理想的な周期は28日間)剥がれ落ちるようにして肌表面から消えるようにする訳ですが、紫外線を浴びるとメラニンは生成され続けるのでシミが消えることは無いのでは?と思うんです。

ターンオーバーを理想的かつ、効果的に行おうとするものが美白化粧品であったり、ハイドロキンなどの薬品であったりするのですが、これらを使った所でシミを消すのには時間がかかりおおよそ28日間で消そうなんざ無理な話な訳ですよ。

それが肌断食をするとシミが消えるというのは俄かに信じがたい…。

実際に生まれた時から肌断食と同じ生活を送っているウチの旦那さんですがシミが酷いですよ。41歳ですが軽くおじいちゃんかい?ってほど。大きなシミは消えるどころが年々広がっています。


はぁ、こんな事を素人な私がブログに書いたもんならプロに怒られそうですが…一個人の意見として聞き流しておくんなせぃ。

大事なのは目指すスタイル

私は思うんです。
自分が目指すライフスタイルと、肌断食とがマッチした場合はやるべき!マッチしないなら最初からやらない方がいい!かと。

スッピンで素朴で素敵な大人の女性を目指すなら肌断食は大いに結構!
モデルでデザイナーの米田有希さん
f:id:maimaimaim8282:20150201230704j:plain
本当に素敵です。
ファンデーションが嫌いでほぼ毎日スッピンなんだとか。
こんな風になれるなら私もやりたい!
でも、私がスッピンになった所でこうはいかない。

こんな風に生きるには生まれ持ったスタイルの良さと、磨き抜かれたセンスが無いとダメなんだよね…。

残念ながら私にはスタイルもセンスも無い。

気分次第で口紅の色だって変えたいし、キラキラのアイシャドウだって、猫目アイラインだって好き。
まつ毛はフサフサさせたいし、アイブロウだって整えたい。

そんな私は節約のために肌断食をするのはやっぱり無理だなー。

着地点を見据えた肌断食の覚悟をすべきなのかもしれません。

数年後に肌断食中に増えたシミを消すのにはどうしたらいいか…

考えただけでも怖い…。