貯蓄が底をつく 崖っぷち主婦の節約生活

コストコや安い食材を駆使して生活費を徹底的に節約!貯蓄が底をつく崖っぷち主婦の節約生活を公開しています。

スマホが普及している昨今、ママ友が意外にネットでの情報に疎いという事実

ママ友の間でもスマホは普及していて、去年の初めくらいまではガラケーをこよなく愛していたママ友が多かったのですが、最近になってほとんどガラケーをもっているママ友も少なくなりました。





しかしながら、本日のママ会の会話にてあまりにもインターネットの生活密接度の少なさに驚いてしまいました。

未だにポイントサイトに登録した結果、散在させられるんでしょ?とか、さくらをやらされるんでしょ?とか・・・

ニベアの青缶がラメールのクリームに匹敵するというネット情報を知らなかったりとか・・・

ネットでの買い物が怖いとか・・・

でも、インターネットは使うらしい。何を調べるのか聞いたら、クックパッドでレシピを見たり、有名人のブログを読んだり、子育ての悩みを検索する程度だとか。

RSSがなんちゃら、ブックマークがなんちゃらなんてことは全く知らないという状態でした。

アマゾンは本を買うサイトだと思っている人も多かったし、ヤフオクなんて素人の自分が出来る物じゃないと思っているそうです。

ネットでの買い物をやってみようと思っても、怖いし、登録が複雑だし、カードの登録してフィッシング詐欺されたらどうしよう・・・とか考えていたら億劫で手が出ないとか。

ビックリしました。
インターネットって案外、主婦の生活では買い物する場所って言う感覚はないのかもしれない。
辞書的なものなのかも。


と、なると…

インターネットショッピングはまだまだ伸び代があるって事ですよね。

スマホの操作に慣れて、ネットショッピングが1度でも成功したらその人はきっとネットショッピングの快適さを知るだろうし、リピートするだろうし。

市場はまだまだこれから広がるって事なんだろうなー。

なんて、アフィリエイターでも無いのに、そんな事を考えてしまいました。

因みに、女性がネットショッピングで購入する物の1位は洋服やバッグや靴などのファァション系だそうです。

手に届くまで解らない物が売れ、買う人は口コミを重視するのだとか。

男性の1位は本や雑誌だそう。
商品のディテールの確認が不要なものをネットショッピングする傾向にあるのだとか。


女は不確かなものを欲しがり、男は確実なものでないと買わない。

別れるもんですねー。